<< vol.7 『Million blue #01』 | main | vol.9 『雨と猫といくつかの嘘』 >>
青年団リンク青☆組
vol.8 『うちのだりあの咲いた日に』
★こちらの公演は終了いたしました!ご来場、ありがとうござました。
■劇評を見る / *1 / *2
稽古場日記を見る


もっとも再演希望の高かった、吉田小夏の処女作を満を持して再演!
本作品は、初演の公演終了後に出演者の勧めにより応募した、第8回日本劇作家協会新人戯曲賞に入賞し、小夏作品の実質的なデビュー作となった作品です。念入りなリライトと新キャストを向かえ、初演から5年の時を経て、新しい作品に生まれ変わります。
お見逃し無く★ 

作・演出:吉田小夏
会場:@こまばアゴラ劇場
日程:2008年4月5日(土)〜13日(日)


■チラシの裏面を見る・・

【タイムテーブル】
 







【最新混雑状況!】・・・・・更新日(08/04/11)
ご予約のご参考に、現在の混雑状況をお知らせいたします。
お蔭様で、多くのご予約をいただき、売り止めの回が出てまいりました。
できるだけゆったりご覧いただく為に、お早めのご予約をオススメします。
売り止めの回に関しては、当日券がキャンセル待ちとなる可能性があります。申し訳ありませんが、ご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
◎=お席に余裕がございます ○=大丈夫です △=残り僅か ×=売り止め
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
04月05日(土) 19:30 =×【売り止】*当日券はキャンセル待ちです
04月06日(日) 15:00 =×【売り止】*当日券は若干発行します
04月07日(月) 19:30 =×【売り止】*当日券は若干発行します
04月08日(火) 15:00 =○
04月08日(火) 19:30 =○
04月09日(水) 19:30 =○
04月10日(木) 15:00 =○ 
04月10日(木) 19:30 =◎ 【オススメ】
04月11日(金) 19:30 =△
04月12日(土) 15:00 =△
04月12日(土) 19:30 =○
04月13日(日) 15:00 =×【売り止】*当日券は若干発行します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

■出演: 足立誠*  小笠原大  藤一平  陽茂弥(ねねむ)  藤原進一朗  小林亮子*  
    福寿奈央  天明留理子*  林竜三  堀夏子*  岡崎貴宏(アンティークス)  
    荒井志郎  郡司直樹  長井明日美  *・・青年団

舞台監督 : 喜久田吉蔵  宣伝美術 : 空
美術 : 濱崎賢二   制作 : 宮永琢生 + 中嶋英樹
照明 : 伊藤泰行 
音響 : 泉田雄太     総合プロデューサー : 平田オリザ
振り付け : 本居蓮

企画制作 : 青年団リンク 青☆組 / (有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催 : (有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
協力 : ZuQnZ /スターダス21 /青年団 /(株)融合事務所 /(有)レトル(50音順)

■料金■ 予約/2800円   当日/3000円   ペアチケット/5000円 (2名様・予約のみ)


■チケット予約フォーム■結晶

■チケット発売日■ 2008年3月1日

・日時指定 全席自由 整理番号付
・ペアチケットには、当日券はございません。事前にご予約が必要ですので、お早めにお申込みください。 
・開場は、開演の30分前。受付開始は、開演の1時間前です。
・開演時間を過ぎますと通常のお席にご案内できない場合が
 ございます。
・小学生未満のお子様のご入場はご遠慮ください。
・本公演は、芸術地域通貨ARTS(アーツ)がご利用いただけます。
(1アーツ=1円) ARTSとは、桜美林大学演劇施設内で施行され
ている地域通貨です。
・日曜、15時の公演 ( ■ )は託児サービスあり、要予約です。
予約受付:イベント託児・マザーズ
TEL:0120-788-222 (土・日・祝日を除く10〜12時・13〜17時)

【チラシのコメントより・・】
さて、処女作の5年ぶりの再演であります。
記憶から埃を払うために、当時の公演パンフレットを読んでみました。
「平凡な人生も、本人達にとっては、キラキラとチクチクと降り積もる、時間の結晶なのだ、と常々思う。 ・・古い畳の部屋から始まる記憶の帰り道。 これは、そんなささやかな物語です。そのささやかさが、皆さんの心に吹く風になりますように・・。」
あの頃の私は、若さのほかには何も持っていませんでした。
演劇のこともよく知りませんでした。当時、母にもらった金子みすゞの詩集に感銘を受け、「犬」という詩をモチーフに、唯一、知っていると思えた湘南の町を舞台に描いたのが、この作品でした。あの頃の怖いもの知らずの私に、私は勝たねばなりません。
だいぶ怖がりにはなったけど、でも、この作品をひもとくたびに思い出すのです。何も持たず、ただ希望だけがあったことを。
砂を含んだ、あの、あまじょっぱい、湘南の風を。
その風が、今もどこかに吹いているということを。


・・公演の詳細は、こちらにもあります↓
◆青年団公演情報  ◆アゴラ劇場公演情報


| vol.8 『うちのだりあの咲いた日に』 |